おはようございます♪

ポンポンはじけるパン教室FUKURAの金谷利香です。

今日は、朝7時からアメリカのアリゾナ州に住む生徒さんとZoomでパン作りのおはなしをする日です。

パンと発酵菓子の先生講座letterのオンラインを受講してくださっているのですが、日本とアリゾナの時差は16時間

毎月開催しているZoomのリアルレッスンはなかなか参加ができないんですね。

ということで、生徒さんからお声が来たら、こんな感じでZoomでゆっくりおはなしする時間を作っています^^

今日は公園からZoomをつないでくださっていて、後ろには青空とヤシの木が♪

アメリカのアリゾナ州の生徒さんと日本の大阪FUKURAの先生(オンラインZoomイラスト)

生徒さんはノースリーブです!夏です!アリゾナです♪

なんだかちょっとテンション上がりました♪行きたいアリゾナ!今行きたい!

うらやましき身軽なお洋服♥

12月30日なので日本は寒い寒い冬です。服が重たいです。

湯種食パン

さて、今日は先生講座のシュトーレンと湯種食パンのご質問がメインになりました^^

シュトーレンのドライフルーツの漬け方バリエーション、焼き上がり見極め、バターを染み込ませる時間、本場のドイツシュトーレンのこと、日本のシュトーレン事情、販売用の作るタイミング、保存方法。

湯種食パンの試行錯誤の結果報告、裏技、アレンジ技、温度管理、発酵器のおはなし、などなど。

いろんなご質問に答えたり、いろんなおはなしを聞きました♪

アリゾナでは、普通のバターが450gで約200円なのだそう!

ちょっと質のいいものでも、日本のよつばバター450gの900円よりずっと安い。

シュトーレン思い切り作れちゃいます。うらやましぃ♥笑

バター

FUKURAの世界にひとつのシュトーレンは「バームクーヘンみたい!」とおっしゃってくださいました。

はじめて聞いた表現だったのでちょと新鮮!

たしかに、そんなふうにも感じるかもしれない♪

普段はメールやLINEでやりとりをしていますが、やっぱり実際に会話をすると全然伝わり方が違います♪

微妙なニュアンスだったり、表情だったり、身振り手振りも含めて、やっぱり直接おはなしができると文章のやりとりだけでは、モヤッとしていたものが少しずつクリアになっていく感じがします。

そしてLINEのやりとりよりずっと楽しい♪

ウールロールパンの成形

パン作りを何度も何度も試作して練習して実験してを繰り返して、自分のベストを探されている熱心な生徒さん。

改めて、こういう時間を作ることは大切だなぁ。と思いました。

少しでも生徒さんにとってのベストなパン作りの役に立つことができればうれしいです^^

半分ちょっとはこんなふうにパン作りのおはなし。

残りのお時間はパンとは関係のない何気ない日常のおはなし♪

最後は「恋話」で盛り上がり2時間弱もおはなしに花が咲きました。笑

柚子ハートベリーショコラ(Anniversary bread)

人生は長くないんだから、やりたいこと全部思いっきりやったほうがいい♪」と、生徒さんと一緒に語りました。

私からすると、素敵すぎてかっこよすぎの同い年の生徒さん♪

私とはぜんぜん違う人生を送られていますが、いろんな素敵のカタチがあるっていいな。

だからこそ、話していて楽しくておもしろくて♪

でも、日本海外問わずFUKURAの生徒さんで変わらないのは「みんな言葉がやさしい♥」こと。

棘がない。

いたわりの言葉を普通に投げかけてくれる。ありがとうございます♪

うれしいなぁ。今日も朝から心ポカポカです♪

2021年のレッスンサポートはこれでおしまいです。

残すところ、あと1日となりましたね。明日はいよいよ大晦日♪

FUKURAのLINE公式アカウントでは、最新情報やレッスンご予約受付開始のご案内、イベントの先行募集の配信をおこなっております♪

 \\ ぜひ、お友達追加してくださいね♪  //

FUKURAのLINE公式バナー