こんにちは♪

ポンポンはじけるパン教室FUKURAの金谷利香です。

FUKURAのパンレシピには材料の1つに「ヨーグルト」がときどき出てきます^^

ヨーグルトとベリーのグラノーラ

ヨーグルトには、パン作りにおけるすごい役割がたくさんあるのですね。

例えば、ライ麦パンのベトベトをコントロールしたり、イーストのにおいを消す効果があったり、入れる量によると風味出しにもなります。

パン作りの縁の下の力持ち的な感じなのです♪

メグミルクのナチュレ恵ヨーグルトとクロワッサン

さて、この「ヨーグルト」。

配合の中では水分の一部として考えるのですが、実際にヨーグルトの中に水分はどのぐらいの割合で入っているのでしょうか?

ヨーグルトの種類によって異なるので、今日はスーパーで一番手に入りやすい定番の「メグミルクのナチュレ恵」と「明治ブルガリアヨーグルト(プレーン)」で見ていきたいと思います^^

この2種類はだいたい成分の割合が同じです。

メグミルクのナチュレ恵ヨーグルトの成分表示

成分表をみてみると、こんな表示がありますね^^

  • 無脂乳固形分:9.5%
  • 乳脂肪分:3.0%

無脂乳固形分とは、脂肪を除いた固形分のこと♪

具体的に言うと、「タンパク質や糖質、ミネラルなどの脂肪以外の総量の割合が9.5%入ってるよ~。」ということです。

乳脂肪分とは、抽出すればクリームやバターになる固形分のこと♪

つまり、このふたつ以外が「水分量」となるのですね^^

無脂乳固形分と乳脂肪分を足すと12.5%です。

これが水分以外の分量。

ということは、100%マイナス12.5%で、87.5%が水分だということがわかります♪
(※日本標準食品成分表では87.4%)

なんだー!めっちゃ簡単♪

ヨーグルトの種類によると、ここの数字が違うものたくさんありますので、購入する際はぜひチェックして水分量を確認してみてくださいね。

いちご酵母と牛乳と小麦粉

と、ここで!!!

私は今、この記事を書きながら気付きました!!

ヨーグルトじゃなくて牛乳も同じ数字の見方なので、牛乳で説明すればよかったと!!

ヨーグルトよりも牛乳のほうが出番多いですよね。パン作りには。笑笑

ちなみに3.6牛乳の水分量は約88%と言われています。

なんと、牛乳よりもヨーグルトのほうが水分が多いんですよ!固形なのに!

牛乳は液体なのに!!

不思議な感じですが、ヨーグルトは水分が少ないから固形なのではないのですよ^^

乳酸菌が糖を分解することで乳酸ができます。

ヨーグルトに含まれる「カゼイン」というタンパク質は乳酸で固まる性質があるんです。

それで、ヨーグルトは水分が多いのに固まっているのです♪

微生物の力♪発酵は偉大です。

記事を書きながら、内容の趣旨が変わってしまいました。

今ならタイトルこう書きます。「牛乳よりヨーグルトのほうが水分が多い事実!」笑

FUKURAのLINE公式アカウントでは、最新情報やお役立ち情報、レッスンご予約受付開始のご案内、パンと発酵菓子の先生講座letterやWeb集客講座、イベントの先行募集の配信をおこなっております♪

 \\ ぜひ、お友達追加してくださいね♪  //

FUKURAのLINE公式バナー