1月15日はいつから「いちごの日」になったのかしら。。。

この日は私の誕生日なのですが、生まれたときは「成人の日」という華やかでおめでたい祝日でした。

世代によっては、だんだん「知らない昔のこと」となっていくのだろうなぁ。と思ったりします^^

自家製いちご酵母

調べてみたところ、1月15日の”いちごの日”は「全国いちご消費拡大協議会」が制定したのだそうですよ。

書籍にも記載されている記念日なのですが、「全国いちご消費拡大協議会」自体の詳細は不明で、すでに解散されているというウワサもあるそうです。(めっちゃ適当!笑)

そして、毎月15日も”いちごの日”

さらに、1月5日も”いちごの日”なのだそう!笑(※この日は15歳の受験生にエールを送るいちご世代の日で果物の苺は関係ないようです。)

それにしても多すぎ。笑

福岡のあまおういちご1ケース2パック

毎月やってくる「いちごの日」。

その中でも、1(いい)1(いち)5(ご)なので、1月15日が一番レベルの高い最高峰「いちごの日」なのだそう。笑

でも、11月15日のほうが、語呂的には「イイいちご」なのに、この日はふつうの「いちごの日」です。笑笑

そう、いちごは1月が一番おいしい時期で、中旬頃から収穫や出荷が本格化するためこうなったのですね^^

いちごが一番おいしい時期は春ではないのですよ♪

いちご狩りを楽しむリカ先生

詳しくはこちらのブログをご覧になってくださいね。

4品種のいちご狩り♪自家製酵母作りにおすすめのいちご比較

季節のデニッシュ(苺ver)

いちごと言えば、パンと発酵菓子の先生講座letterでは2月のレッスンメニューに、いちごのデニッシュが登場します♥

バターの折り込みレッスンなのですが、FUKURAの折り込みはミニマムな時短♪

バターは絶対に飛び出てこないし、狭い場所でも作れるし、たったの5分で本当にびっくりするほど手軽に折り込みが完了してしまいます。

バターの折り込みに苦手意識がある人は、これを機にきっと乗り越えられるはずです^^

ビタントニオのヨーグルトメーカーで作った自家製いちご酵母

そしてそしてやってきました♥

いちご酵母の季節が♪

私が一番大好きな自家製酵母いちご酵母です。

春のいちごはお手頃で手に入り、季節としても発酵がスムーズにできる時期。

いちごの発酵マフィン

パンと発酵菓子の先生講座letterのみなさんは、今年の春は自家製いちご酵母&発酵グラノーラ&ダブルベリーの発酵マフィン作りの動画レッスンですよ。

自家製いちご酵母作りをするのなら、おすすめは「3月15日」「4月15日」あたりのいちごの日が良きです。

楽しみにしていてくださいね♪

FUKURAのLINE公式アカウントでは、最新情報やお役立ち情報、レッスンご予約受付開始のご案内、パンと発酵菓子の先生講座letterやWeb集客講座、イベントの先行募集の配信をおこなっております♪

 \\ ぜひ、お友達追加してくださいね♪  //

FUKURAのLINE公式バナー