ほうれん草とツナとたまねぎをたっぷり詰め込んだ至福のパンキッシュです。

フランスロレーヌ地方に伝わるキッシュをサクサク食感のパイ生地で作ります。

お持ち帰り分は16cmのタルト型で、ご試食分は9cmのセルクル型で各おひとつずつお作りいただきます。

底がついているタルト型と底がないセルクル型では、焼き上がりの感じが変わります♪

ほうれん草とツナのパンキッシュ

その違いもみていただければと思い、いい機会なので2つのサイズを作ることにしました。

キッシュとは、フランスロレーヌ地方に伝わる生クリームと卵を使ったお惣菜を言うのですが、生地は大きく分けて2種類あります。

ひとつは、タルト生地。

もうひとつは、パイ生地です。

以前レッスンで作った「生ハムとエビのミニキッシュ」は発酵させずに作ったタルト生地。

今回は、発酵させて作るパイ生地バージョンです。

どちらもとってもおいしいですが、パン好きさんはパイ生地のパンキッシュもお好きなんじゃないかなぁ。

ほうれん草とツナのパンキッシュご試食分の9センチセルクルの大きさ。

お味はキッシュの大定番「ほうれん草とたまねぎ」そして、アクセントとしてツナを使います♪

安定しておいしくて作りやすいのでおうちでも再現しやすいと思います。

【No.137:ほうれん草とツナのパンキッシュ・2019年3月新メニュー】