こんにちは♪

大阪市東淀川区上新庄にあるパン教室FUKURAの金谷利香です^^

今日のテーマは、「一度にたくさんのパンを作るときのコツとポイント」についておはなししたいと思います。

レシピに書かれている個数を2倍にして、一度にたくさんのパンを作りたいと思われる方は、とても多くいらっしゃるのではないかと思います^^

  • お友達にプレゼントをしたいから数を多く作りたい♪
  • 家族がたくさんいるからレシピの倍量で作りたい♪
  • 作り置きのためにレシピの2倍量で作ってストックをしたい♪などなど

そんなとき、みなさんはすべての材料を2倍にして作られますか?

塩パンがいっぱい

大丈夫です♪基本はそれで合っています!

ふつうはすべての材料を2倍量で作っていただいてOKなのですが、実は例外もあるのです。

その例外とは、成形に時間がかかるパン!

FUKURAのパンは、微量イーストや自家製酵母パン、発酵菓子などの特別なメニュー以外は2時間~3時間で一番よい状態に焼き上がるようにレシピを作っています。

例えば、レシピが4個だった場合、2倍量だと8個になりますね^^

成形に時間がかかりそうなパンを2倍量で作ろうと思ったら、ひとつの成形に3分かかるとすると。

3分×4個=12分

これが8個になると

3分×8個=24分!!

あらま~なんてことでしょう!

1個目の成形と8個目の成形で21分も差が出てしまいました。

2次発酵の時間が約25分とすれば、8個目の成形が終わった段階で、1個目に成形した生地はすでにオーブンに入れてもいいぐらいにふくらんでしまっていることがあるのです。

ヴィエノワ

季節にもよりますがポカポカしてくるこれからの夏は、特に気をつけなければいけなくなりますね。

急いで成形しても、2~3分早くなるぐらいで結局はそんなに変わらず慌ただしいだけになります;_;

ゆったりのんびりパンを作りたかったのに、なんでこんなにバタバタしてるんだろう。。。

しかも成形も雑になっちゃったし、焼き上がりのパンの大きさもバラバラ。。。;_;

なーんてことにならないよう、あたたかい季節やあたたかい場所で2倍量のパンを作るときには、イーストだけは倍量にせず、2倍より少し控えめに計量することがおすすめです♪

クイニーアマン

私も販売用にパンをたくさん作るときには、成形の時間を逆算してイーストの量を結構減らしちゃいます。

例えば、4個で2gのイーストだったら、8個作るときは3gにする。

3倍量の12個作るときは、もっと減らして4gにする感じです^^

そうすると、発酵が穏やかに進んでくれるので、いつもどおりに作業をしても大丈夫♪

仕上がりもほとんど差がなく焼き上がりますよ。

ぜひ、ご参考にしてみてくださいね。

特にこれからの夏に向けては、気をつけてくださいね。

ではまた明日~♪

<<LINE公式アカウント限定>>

・季節の教室【対面レッスン情報】

・Zoom&レシピ動画【オンラインレッスン情報】

・お仕事につなげる【四季を巡るパンの先生コース情報】

・WEBデザインとネット集客講座のお知らせ

・パン作りに関する【お役立ち動画】

・不定期で【イベント情報】

などを配信しています♪

【お友達追加はこちら】⬇︎⬇︎⬇︎