こんにちは♪

大阪市東淀川区にあるパン教室FUKURAの金谷利香です。

今日は、パン作りにとってもとっても便利な「ベーカーズパーセント」についてお話したいと思います♪

 

この「ベーカーズパーセント」実はすごく大切ですごく便利。

パン作りを続けていると、いつかは必ず聞くことがある言葉。

そして、知らずにレシピ本なんかで見かけている数字。

林檎と木の実のセーグルの成形

ベーカーズパーセントとは、一言でいうとパンの配合がわかるパン作りに便利な計算式のこと。

ベーカーズパーセントを知っていると、

例えばレシピは4個だけど、うちは家族が多いから6個や7個一度に作りたいなぁ~と思った時、レシピの変換があらまぁ~簡単にできてしまうのですね。

一般のレシピ本には基本、材料の単位は「g(グラム)」で表記されていますが、パン屋さんのシェフか書いたレシピは「%(パーセント)」だけで表記されていることも多いです。

もしくは、強力粉1000gとかお店向けの量で記載されていることも!

こういうレシピでもおうちで作れるレシピに変換することができるんですね。ミラクルっ!

 

もっと数を増やしたい!

おうちの型にぴったりのパンが焼きたい!

あなたの悩みを解決しちゃいます♪

 

さぁ。では早速ベーカーズパーセントについて紐解いていきましょう♪

自家製いちご酵母

ベーカーズパーセントは、「粉」の総量を100%としたとき、他の材料は「粉に対して何%」というふうに考えます。

ちなみに、ここでいう「粉」とは、全粒粉やライ麦粉、米粉なども含みますが、スキムミルクや砂糖は含みません。

じゃぁココアパウダーは?抹茶は?粉チーズは?となった場合、実は明確に決まりはないそうです。

量が多くなった場合は「粉」として考える場合もあるし、微量の場合は含まなかったり、それは人それぞれ違うのだそう。ここは曖昧!

パンドフルール

 

では、1.5斤の山型食パンのレシピでベーカーズパーセントを計算してみましょう♪

こちらが、1.5斤の山型食パンのレシピの配合(g)です。

1.5斤の山食パンのレシピの配合

■ベーカーズパーセントの計算式

各材料の分量(g)÷粉の総量(g)×100 =各材料のベーカーズパーセント(%)

山型食パンのベーカーズパーセントを出してみました♪

1.5斤山食パンのベーカーズパーセント

こんな感じですね^^

このベーカーズパーセントがわかると、「もらったレシピは1.5斤だけど、おうちには1斤型しかないの!(泣)」というときに出番です!

1斤型で山食パンを作る時は、粉量は250g前後になる場合が多いので、「今回は250gで1斤で作るぞ!」を想定して計算してみましょう♡

山食パンのレシピの変換(1.5斤→1斤にする計算式)

おぉ♪計算簡単~!!わーい!!

ぴったりの型がなくてもベーカーズパーセントで計算すれば、こんなに簡単にぴったりのレシピに変換できるのですね。

素敵ベーカーズパーセントです♡

もし、計算してすごい小数点が出てきた時は、基本0.5g単位で四捨五入で大丈夫です。

4.3g≠4.5g

2.2g≠2g

のような感じですね。

ただし、「塩」以外は!

塩は適当にしてしまうとパンの全体バランスが崩れてしまうので、ここは正確にできれば0.1g単位の数字が本当はおすすめだったりします。

でもー。。。

この計算自体が面倒くさいわ。というそこのあなたへ♪

今は便利な世の中で。

探せば何でもアプリがあるのです♪

代表的なアプリはこちら♪

◆iPhone:パンの計算機 ~ベーカーズパーセントを使いこなそう~

◆Android:ベーカーズパーセント

数字を入力するだけで、勝手に計算してくれます^^

Androidのアプリは使ったことがないんですがレビューはよかったので、もし興味があればお試しくださいね。

 

♥ベーカーズパーセントのまとめ♥

  1. 持っている型に合わせてレシピを変換できる♪
  2. 好きなだけ数を増やしたり減らしたりできるようになる♪
  3. パーセント表示のシェフのレシピを再現できる♪
  4. ベーカーズパーセントをみるとパンの味がイメージできる♪
  5. レシピを応用できるようになる♪
  6. パンマスターの道に一歩前進する♪

では、また明日♪

<<LINE公式アカウント限定>>

・季節の教室【対面レッスン情報】

・Zoom&レシピ動画【オンラインレッスン情報】

・お仕事につなげる【パンと発酵菓子の先生講座のお知らせ】

・グルテンフリー米粉パンレッスンのご案内

・WEBデザインとネット集客講座のお知らせ

・パン作りに関する【お役立ち動画】

・不定期で【イベント情報】

などを配信しています♪

【お友達追加はこちら】⬇︎⬇︎⬇︎